放置厳禁の相続問題


悩む人相続問題は金銭面のみならず、家族親族間の人間関係を複雑に悪化させてしまい、日常生活への支障が避けられず、トラブルが中長期化するリスクも見過ごせません。こうした状況に置かれてしまう原因の1つとして、誰もが当事者となる可能性が避けられぬ、相続に対する認識と意識の薄さ、そして想定外の財産や負債の存在に対する、人間の欲の部分に挙げられます。遺産の金額や時価が明確となり、自分以外の親族がより多く相続する事実に対する妬み、反対に負債を回避すべく相続放棄せざるを得ない状況に対する不満など、感情が絡むだけに厄介です。

裏返せば早い段階から、財産や負債の有無とその金額や時価を掴んでおく、法的に有効な遺言状を作成から、相続する側が不満や文句を述べられない状況を構築しておくなど、事前の対策がトラブルの回避に繋がると言えるのです。こうした相続問題対策に際しては、やはり然るべき専門家助言や力添えが欠かせず、税のスペシャリストである税理士がベストな相談相手です。特に相続税の発生が確実である、あるいは遺産分与に際し、これまでの人間関係から一悶着が想定される方々であれば、より早い段階から税理士に状況を説明の上、有効確実な対策を講じておかれるのが賢明です。